読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あの子と同じ次元で生きている

それだけで人生って最高

幕が上がる

 

伊野尾慧くんが主演する映画「ピーチガール」が、本日ついに公開される。

f:id:marillexblue:20170520025007j:image

 

 

公開日を迎えた今の率直な感想は、

長かった

とにかくこの一言に尽きる。それしか言えない。

今日という日がどれだけ待ち遠しかったか!

 

 

ロケ地が地元だったということもあり、撮影の目撃情報を耳にして歯痒い思いをしたり、新レギュラー番組と並行して撮影が行われていたことから、忙しすぎて倒れたりしませんように、なんて願ったりしたことが遠い昔のように感じる。
映画なんだから発表から公開まで時間が空いて当然!とはわかっていたけど、なんせ「自担が映画に出る」という大イベント初体験の私にとって、それはとても長く遠く、焦れったい時間だった。

 

そんな思いを抱えながら過ごした毎日の中で、続々とキャラクタービジュアル、特報などが解禁され、様々な雑誌の紙面を飾り、撮影秘話なんかをあちこちで小出しにして、全国各地で試写会が行われ、宣伝のためにテレビの露出が増えて…その他もいろいろ。

公開日が近づくにつれて各所が盛り上がっていく様はまさにお祭りで、今やそこらじゅうピーチガール祭。供給が多すぎて追いつかない!なんて嬉しい悲鳴を上げながら、いっぱいいっぱい楽しませてもらいました。

 

飽きるほど宣伝を聞いた中で特に印象的だったのは、昨年秋のコンサートでのMC。

映画の宣伝をする彼はどこか初々しくて恥ずかしそうだったけど、「頑張ったので観てください」と語るその声と表情は自信に満ちているように見えて、とてもかっこよかった。

岡安浬を、ピーチガールを愛して、最後までやりきれたんだなと感じ取ることができ、心がじんわりと温かくなったことをよく覚えている。

 


彼を応援しているファンとしてはとても誇らしいことだけど、銀幕デビュー作にして初主演なんてとにかく相当なプレッシャーがあっただろうし、忙しい日々に、初めての現場で、慣れない恋愛作品を相手に、たくさんたくさんぶつかって、きっと私たちは知る由もないような葛藤をしながらやり遂げたんだと思う。

そうして伊野尾くんが作り上げた「岡安浬」という男の子を、私は愛さずにいられません。

できるだけたくさん、しっかり目と心に焼き付けようと思います。

大きなスクリーンに映る伊野尾くんは、きっと最高なんだろうなあ。とても楽しみです。

 

さて、待ちに待った5月20日!

ゴニオーでピーチガール!きっとずっと忘れないでしょう。

f:id:marillexblue:20170520025253j:image 

 

銀幕デビュー作・初主演映画公開、本当におめでとうございます。

ピーチガールが大きく飛躍することを願って。

Hey!Say!JUMPに歌ってほしいボーカロイド曲

単刀直入に言うと、私は根っからのオタクだ。

兄の影響でアニメや漫画をはじめとしたサブカルチャーに触れる機会が多く、ごく普通に生活していたつもりが、気付いた頃にはもう世間一般で言う「オタク」になってしまっていたのだ。

そんな私がニコニコ動画を観始めたのは約10年前のこと。…え?ちょっと待って?10年前?嘘だろ………?

10年前と言えば、まさにJUMPが結成された頃ではないか。私は一体何をやっていたんだ……

少々話が逸れてしまったが、それくらい昔からネットに住み着いているのです。

 

中でもボーカロイドはかなり聴き漁った方で、今でこそあまり聴かなくなったものの、私の青春時代を彩ってくれた素晴らしい曲が多々あります。

今回はそんなボーカロイド曲を、ネット世界とは程遠い場所で生きるHey!Say!JUMPに歌ってもらいたい!という一心で書き殴ったなんとも私得でしかない記事です。

もう一度言います。

誰も喜ばないし面白くない、完全なる私得記事です。

ボーカロイドとか聴いたことねえよ!って人にとっては微塵も面白くないと思いますのでご注意ください。責任は取れません。

 

そして完全なる独断と偏見、私が聴いたことがあって尚且つ好みの曲というなんとも偏りまくった選曲ですのであらかじめご了承ください。

 

 

 

 

山田涼介

優しい歌声で、恋愛ソングが似合う印象の彼。やっぱり山田涼介にはバラードを歌わせたい!ということで、やっぱり偏りました。

 

S・K・Y

【鏡音リン】 S・K・Y 【オリジナル】 by ライブP VOCALOID/動画 - ニコニコ動画

歌詞はもちろんのこと、 最初の落ち着いたキーから、サビの高めのキーまで、まるっと山田涼介に歌ってほしさしかない。ファルセットは使わずに、ちょっと苦しそうな感じでお願いしたい。彼が感情込めまくって歌ったら絶対に鳥肌モン!

 

オレンジ

【初音ミク】オレンジ【オリジナル曲】 by トーマ VOCALOID/動画 - ニコニコ動画

こちらもかなり重めのバラードです。私が山田涼介に歌ってほしい曲の系統モロバレですね。ぜひ聴いてみたいです。

 

からくりピエロ

【初音ミク(40㍍)】 からくりピエロ 【オリジナルPV】 by 40mP VOCALOID/動画 - ニコニコ動画

これもファルセットを使わないハイトーンで魅せて欲しいです。絶対合う!

 

Dear

【初音ミク】First Sound Story#005 『Dear』 by 19 -iku- VOCALOID/動画 - ニコニコ動画

タイトル通り、もちろん山田涼介に歌って欲しい。圭人のアコギに乗せて、314〜時計スタイルの弾き語りで聴いてみたい!

 

Calc.

初音ミクオリジナル曲 「Calc.」 by OneRoom VOCALOID/動画 - ニコニコ動画

少し雰囲気を変えて、バンドサウンドの一曲。しかし恋愛曲なのは譲れない!JUMPバンドを従えて、ボーカル山田涼介ってのも観てみたいなぁ。

 

モザイクロール

【GUMI】モザイクロール【オリジナル曲PV付】 by DECO*27 VOCALOID/動画 - ニコニコ動画

バラードではない曲もやっぱり聴いてみたい!ということでロック色の強いこちらの一曲。演技派な彼のことですので、感情をこれでもかとぶち込んで歌い上げてくれそう。

 

 

知念侑李

知念ちゃんにはとにかくかわいくあざとい曲を歌って欲しい!という一心で選びました。後から気付いたけど、ここに上がったのがryoさんとJunkyさん曲しかない…すごい……


ワールドイズマイン

初音ミク が オリジナル曲を歌ってくれたよ「ワールドイズマイン」 by ryo 音楽/動画 - ニコニコ動画

はい、大本命!「世界で一番お姫様」なんて歌詞、知念ちゃんにしか歌えません!聴きたい!知念侑李姫に歌って欲しい!!!8人の王子(しもべ)達を従えたパフォーマンスも観たいな。絶対おもしろかわいい。

 

サディスティック・ラブ

【鏡音リン】サディスティック・ラブ【オリジナルPV付き】 by Junky VOCALOID/動画 - ニコニコ動画

知念ちゃんはケロケロした加工ボイスも似合うという印象があるので、こちらの一曲を。「バカ×5!!」って言って欲しいです。それだけです。

 

メルト

初音ミク が オリジナル曲を歌ってくれたよ「メルト」 by ryo 音楽/動画 - ニコニコ動画

サビのキーが高くて大変かもしれないけど、あの癖のある声で歌ったら似合うだろうな〜と思いました。「今日の私はかわいいのよ!」って言って欲しいです。結局それだけです。

 

初めての恋が終わる時

初音ミクがオリジナル曲を歌ってくれたよ「初めての恋が終わる時」 by ryo 音楽/動画 - ニコニコ動画

女性目線の恋愛ソング、ぜひ知念ちゃんに歌って欲しい。切なくも可愛らしい歌詞がピッタリだと思います。

 

メランコリック

【鏡音リン】メランコリック【オリジナルPV付】 by Junky VOCALOID/動画 - ニコニコ動画

こちらもケロケロJunkyソング。とにかく歌詞が可愛いけど似合いそう、知念侑李ってすごい。(結論)

 

 

中島裕翔

ゆうてぃーは良い意味であまり癖がない声だな、というのが個人的な印象。それ故にどんな曲でも似合いそうだと思いました。

 

えれくとりっく・えんじぇぅ

初音ミクオリジナル『えれくとりっく・えんじぇぅ』Full ver. by ヤスオ 音楽/動画 - ニコニコ動画

割と単調で早口なイメージのこの曲。ゆうてぃーだから似合いそう!

 

セツナトリップ

【GUMI】セツナトリップ【オリジナル】 by Last Note. VOCALOID/動画 - ニコニコ動画

疾走感があり、これまた早口な曲。さらっと完璧に歌いこなしそう。

 

千本桜

『初音ミク』千本桜『オリジナル曲PV』 by 黒うさ VOCALOID/動画 - ニコニコ動画

ボカロ曲の中では割と有名なこの曲。あの軍服風な衣装を着て舞い踊りながら歌って欲しい!

 

ブラック★ロックシューター

初音ミクがオリジナルを歌ってくれたよ「ブラック★ロックシューター」 by ryo 音楽/動画 - ニコニコ動画

ゴリゴリなロック曲。ゆうてぃーはファルセットや高音に少し弱いイメージだけど、似合いそうなので。

 

ケッペキショウ

【GUMI】ケッペキショウ【オリジナル曲PV付】 by すこっぷ VOCALOID/動画 - ニコニコ動画

疾走感ありまくりな一曲。面白く個性を出して歌い上げてくれそう。ドゥーパッパラパ☆

 

天ノ弱

天ノ弱/164 feat.GUMI by 164 VOCALOID/動画 - ニコニコ動画

ドラムを叩きながら感情込めて熱唱して欲しい!

 

 

岡本圭人

圭人はそこまで歌が上手いという印象はないけど、ロック調の曲に合う声質と、とにかく英語詞に強いのが最大の強みだと思うのでそこを重視しました。

 

カゲロウデイズ

【初音ミク】カゲロウデイズ【オリジナルPV】 by じん VOCALOID/動画 - ニコニコ動画

チルドレンレコード

【IA】チルドレンレコード【オリジナルPV】 by じん VOCALOID/動画 - ニコニコ動画

圭人はじんさん曲のような疾走感ありまくりの曲が似合いそう!ということでこの二曲。もう音が上手く取れてなくてもいいから、ロックバンドのライブなんじゃないか?ってくらいアツくカッコよく歌い上げて欲しい!

 

ダブルラリアット

【巡音ルカ】ダブルラリアット【オリジナル】 by アゴアニキ VOCALOID/動画 - ニコニコ動画

歌詞もなんとなく圭人っぽい!と言うことで選曲。くるくる回りながら歌って欲しい〜絶対かわいい〜!

 

鏡音レンの暴走

鏡音レンオリジナル曲 「鏡音レンの暴走(LONG VERSION)」 by cosMo VOCALOID/動画 - ニコニコ動画

はい、ただの私の趣味です。本当にすいません。困惑するけいとりんが見たいんじゃ〜!リンパートは知念ちゃん、ミクパートは山田涼介さんで頼みます。


トエト

【巡音ルカ】 トエト 【オリジナル曲】 by トラボルタ VOCALOID/動画 - ニコニコ動画

けいとりんが歌ったら絶っっ対にかわいい!ということでこの曲。晴れた空の下、かわいい被り物をしたけいとりんがお花がたくさん咲いた丘の上で揺れながら歌っているのが見えます。イメージはNHKの「みんなのうた」です。


バイビーベイビーサヨウナラ

【初音ミク】バイビーベイビーサヨウナラ【オリジナル曲】 by saiB VOCALOID/動画 - ニコニコ動画

ここで最強カッコイイ岡本圭人が満を持して登場!JUMPing CARnivalで披露した「Higher」のように、ギターをかき鳴らしながらカッコよく歌い上げて欲しい!!絶対カッコイイ!!!

 

 

髙木雄也

とにかく歌声が大好きな雄也!歌声はJUMPの中で一番好みです。それゆえ歌って欲しい曲が多すぎました。絞ったけど…

 

トカレフと少女

【初音ミク】トカレフと少女【オリジナル】 by TEN丸(もちーべP) VOCALOID/動画 - ニコニコ動画

はい、絶対似合う〜!!!あの世界観にバッチリはまりそう。がなり声を混じえながらとにかくカッコよく歌って欲しい。聴きたい、本当に聴きたい。


↑人生ゲーム↓

【初音ミク】↑人生ゲーム↓【オリジナル】 by ゆずひこ/シュガモン VOCALOID/動画 - ニコニコ動画

キーの上下がとにかく激しい曲だけど、雄也なら完璧に歌い上げてくれそう。あの妖しげな雰囲気がピッタリ。


ドーナツホール

GUMI MV「ドーナツホール」 by ハチ VOCALOID/動画 - ニコニコ動画

ハチ×髙木雄也って、想像するだけで最高!「バイバイもう永遠に会えないね」なんて感情込めて歌われたらもう私は、私は……(頭を抱える)

 

いろは唄

【鏡音リン】いろは唄【オリジナル曲】 by 銀サク VOCALOID/動画 - ニコニコ動画

和風の曲も絶対合う!ということでこちらの一曲。少しエロさのある歌詞も相まって最高になる予感しかない。


シザーハンズ

【初音ミク】シザーハンズ【オリジナル曲やで】 by Nem VOCALOID/動画 - ニコニコ動画

このジャズっぽいお洒落な雰囲気、雄也にぴったりだと思うんですよね。キーもそこまで高くないので、さらっとお洒落に歌いこなして欲しい。


アイロニ

【初音ミクSoft】 アイロニ 【オリジナル曲PV付】 by すこっぷ VOCALOID/動画 - ニコニコ動画

とても優しい歌声なのに、こういう曲を歌うイメージは全くない。ので、ぜひ歌ってもらいましょう!絶対似合うから!「もうわかんないよ、バカ!」って歌って欲しいよ〜!

 

 

薮宏太

どんな曲でも埋もれることのない個性的な声と、歌唱力に定評のある薮くんなので想像するのが楽しかったです。どの曲も素晴らしいクオリティを叩き出してくれそう!


カロン

【初音ミク】 マカロン 【オリジナル】 by ATOLS VOCALOID/動画 - ニコニコ動画

いきなり趣味丸出しなところ行ってしまいました。全くメロディアスではないので、薮くんの良さが出るかといったらまぁ出ないかもしれないけど、絶対似合う!


恋は戦争

初音ミク が オリジナル曲を歌ってくれたよ「恋は戦争」 by ryo 音楽/動画 - ニコニコ動画

薮くんの歌声のイメージにぴったりだと思ってやまない一曲。静かなAメロBメロから、最高に盛り上がるサビ、シャウト。全てイメージ出来すぎる!ぜひ歌って欲しい。


rain stops, good-bye

【初音ミク】rain stops, good-bye【オリジナル曲】 by にお VOCALOID/動画 - ニコニコ動画

大好きなバラード曲の一つ。感情を思い切り込めながら、あの優しい声でしっとり、しっかり歌い上げて欲しい。


マリオネット

【初音ミク】オリジナル曲「マリオネット」 by クリーム市長 音楽/動画 - ニコニコ動画

薮くんは妖しげな曲も似合うだろう!ということでこちらの一曲。キーの上下が激しいけど、さらっと気怠げに、いやらしく歌い上げて欲しい。

 

glow

【初音ミクDark】 glow 【オリジナル】 by Keeno VOCALOID/動画 - ニコニコ動画

ファルセット混じりの高音が聴きたい、ということでこれ。バンドでやったらサブカル女子に大ヒットしそう。ぜひやって欲しい。

 

 

有岡大貴

とにかくよく抜ける声質と滑舌が最強!ということでガツガツした曲多めです。有岡くんの歌声、なんか病み付きになるんだよなぁ。

 

ローリンガール

初音ミク オリジナル曲 「ローリンガール」 by wowaka VOCALOID/動画 - ニコニコ動画

超ハイトーンで苦しいだろうけど絶対に似合う!ガツガツ歌って欲しい。有岡くんが歌うローリンガールは中毒性抜群そうです。


右肩の蝶

鏡音レンオリジナル曲 「右肩の蝶」 by のりP - ニコニコ動画

曲はもちろん、歌詞も有岡大貴に歌って欲しすぎて私はもうどうすることもできない……。似合いすぎる。


Fire◎Flower

【鏡音レン】Fire◎Flower【オリジナル曲】 by halyosy VOCALOID/動画 - ニコニコ動画

この曲を歌って欲しすぎて、歌い出しの第一声から有岡くんの声で脳内再生できるようになりました。鳥肌が立つようなドラマティックな一曲。とにかく感情込めて歌って欲しい。


二息歩行

[初音ミク] 二息歩行 [オリジナル曲] by DECO*27 - ニコニコ動画

似合いそうの一言に尽きます。ていうか好きそう。「じゃあアタシがナイフ放つ前のその口を この口で塞いであげましょう」とか、あ〜歌って欲しい〜〜


Just be Friends

【巡音ルカ】Just Be Friends【オリジナルPV】 by Dixie VOCALOID/動画 - ニコニコ動画

このビートがズンズンくる曲の雰囲気も有岡くんっぽいし、歌詞も素敵だし、もう歌って欲しくて仕方ない。こういう失恋の曲、似合うと思うんだよなぁ。My Girlに近いものがあると個人的には思っています。


カミサマネジマキ

【GUMI】 カミサマネジマキ 【オリジナル・PV付】 by kemu VOCALOID/動画 - ニコニコ動画

有岡大貴の滑舌の見せ所!!本来人間が歌うような曲ではない(早口過ぎて歌えない)が、なんとしてでも歌って欲しい、そんな一曲。ゴリゴリのロックも似合うよね、きっと!

 

 

伊野尾慧

とにかく声が特徴的なので、曲の新たな一面を見ることができそう。癖のある歌い方で個性を爆発させていただきたい!


キャットフード

「キャットフード」 オリジナル曲 vo.初音ミク by doriko VOCALOID/動画 - ニコニコ動画

伊野尾慧+猫=最強かわいいという方程式が出来上がっている今、絶対に外せない一曲。あざとくかわいく歌い上げて欲しい。もちろん猫耳で。


結ンデ開イテ羅刹ト骸

【オリジナル曲PV】結ンデ開イテ羅刹ト骸【初音ミク】 by ハチ VOCALOID/動画 - ニコニコ動画

ハチさんの曲にも、埋もれることなく馴染んでくれそう。独特の世界観を爆発させて欲しい。


こっち向いてBaby

初音ミクがオリジナル曲を歌ってくれたよ「こっち向いて Baby」【Project DIVA 2nd】 ゲーム/動画 - ニコニコ動画

伊野尾くんが歌ったら絶対かわいい!!!それだけです!!!


白い雪のプリンセスは

【初音ミク】 白い雪のプリンセスは 【オリジナル】 by のぼる↑ VOCALOID/動画 - ニコニコ動画

「お願いキスで目を覚まして欲しいの」なんて、もう歌って欲しさしかない。女性より可愛く、どこか現実味のない彼だからこそ、おとぎ話のような世界観が作れそう。


如月アテンション

【IA】如月アテンション【オリジナルPV】 by じん VOCALOID/動画 - ニコニコ動画

アイドルである伊野尾くんにぜひとも歌って欲しい一曲。伊野尾くんもこんな気持ちだったらいいな、なんてオタクとしての願いを込めながら。

 

くるみ☆ぽんちお

【初音ミク】くるみ☆ぽんちお【オリジナル】 by まだ仔 VOCALOID/動画 - ニコニコ動画

 本当に申し訳ないんですけど、全力で聴きたいです。この曲知らないって人は、聴かないでください。どうかそのまま知らないでください。大変失礼いたしました。

 

 

八乙女光

安定した歌唱力と、良い意味で癖の強い声。オマケに滑舌まで良いと来たもんだから、妄想がとても捗りました。光くんのポテンシャル、素晴らしすぎ。


エンヴィーキャットウォーク

【初音ミク】エンヴィキャットウォーク【オリジナル曲】 by トーマ VOCALOID/動画 - ニコニコ動画

とにかく早口で普通の人は絶対に歌えないと思うけど、光くんなら歌えそう。ラップとはまた違うけど、滑舌の良さを爆発させて、カッコよく歌い上げて欲しい。


リンネ

【オリジナル曲】リンネ【初音ミク】 by ハチ VOCALOID/動画 - ニコニコ動画

ハチ×八乙女光も最高だと思うんだよね…!感情込めまくって歌って欲しい。「教えてダァリン」って歌う光くん絶対最高じゃないですか……


東京テディベア

【鏡音リン】東京テディベア【オリジナル曲PV付】 by Neru VOCALOID/動画 - ニコニコ動画

リンネ同様、狂ったような世界観が似合いそうだという理由で選曲。ロック調なので、ベースをゴリゴリに絡ませて歌って欲しい!


地球最後の告白を

【GUMI】 地球最後の告白を 【オリジナル・PV付】 by kemu VOCALOID/動画 - ニコニコ動画

個人的に、光くんのハイトーンがすごく好きだし、歌詞も素敵なのでぜひ歌って欲しいなという思いでいっぱい。JUMPバンドを従えて歌うのも良いかも!

 

from Y to Y

初音ミクオリジナル曲 「from Y to Y」 by OneRoom VOCALOID/動画 - ニコニコ動画

雰囲気をガラッと変えて王道バラード曲。切ない歌詞に感情を込めて、持ち前の歌唱力でしっかり歌い上げてくれそう!

 

ペテン師が笑う頃に

【初音ミク】ペテン師が笑う頃に【オリジナル曲】 by 梨本うい VOCALOID/動画 - ニコニコ動画

狂ったような世界観が似合う、ということでこちらの曲も!気怠げにガツガツとしたロック曲を歌う光くん、絶対に最高だと思うんですよねぇ。こちらもオリジナルのベースラインを作って絡ませて欲しいな。

 

 

薮宏太八乙女光

リモコン

【鏡音リンレン】リモコン【オリジナル/ワンオポ】 by ワンオポ VOCALOID/動画 - ニコニコ動画

歌唱力最強のやぶひかにあえてリモコンを歌ってほしい!聴かせるようなフレーズはないけど、キーの上下が激しいのでこの二人ならという思いです。ガツガツ楽しそうに踊りながら息ぴったりのコンビネーションで見事に歌い上げてくれそう。

 

 

伊野尾慧有岡大貴
鏡音八八花合戦

【鏡音リン・レン】鏡音八八花合戦【歌舞伎パンク・PV付き】 by melou VOCALOID/動画 - ニコニコ動画

 いつも元気で仲良しな二人にはこの曲を!ドタバタ楽しそうに、騒がしくお祭りさながらに歌う姿が簡単に想像できます。もちろん和服で!絶対似合う!!

 

 

岡本圭人知念侑李
ドレミファロンド

【初音ミク(40㍍)】 ドレミファロンド 【オリジナルPV】 by 40mP VOCALOID/動画 - ニコニコ動画

*ハロー、プラネット

【初音ミクオリジナル曲】*ハロー、プラネット。【ドットPV】 by sasakure.UK - ニコニコ動画

はい、どっちも可愛い〜!かわいい曲はけとちねに歌わせよ!最高です!!!完全に「みんなのうた」ですね!!僕とけいとの時に着ていたかわいい衣装で歌って踊ります、可愛いです。

 

 

髙木雄也・伊野尾慧
magnet

magnet【初音ミク・巡音ルカオリジナル】

はい、たかいの過激派による大本命です。たかいのにmagnetして欲しい!!!(大声)みなさんよくご存知だと思うんですけど、二人とも声がエッチじゃないですか。orderとか思い出してください。あんな声で歌われたら私は多分死にます。この世になんの悔いも残さずに安らかに逝きます。それくらい聴きたいし、脳内で何回も歌ってもらって死んでます。最高です。


ロミオとシンデレラ

「ロミオとシンデレラ」 オリジナル曲 vo.初音ミク by doriko VOCALOID/動画 - ニコニコ動画

ロミシンは迷いに迷ったけど、このコンビに歌って欲しいかな。絶対似合うよ〜たかいの最高〜〜(結局それ)

 

 

伊野尾慧八乙女光

嗚呼、素晴らしきニャン生

【GUMI×鏡音レン】嗚呼、素晴らしきニャン生【オリジナル曲PV付】 by Nem VOCALOID/動画 - ニコニコ動画

JUMPの猫担当(いろんな意味で)の二人に、猫耳と尻尾つけてもらってニャンニャン言って欲しい、ただそれだけです。

 

いーあるふぁんくらぶ

【GUMI・鏡音リン】 いーあるふぁんくらぶ 【オリジナルPV】 by みきとP VOCALOID/動画 - ニコニコ動画

チャイナ服着てパンダ帽被って、楽しくかわいく歌い踊って欲しい!

 

 

髙木雄也有岡大貴

マトリョシカ

【オリジナル曲PV】マトリョシカ【初音ミク・GUMI】 by ハチ VOCALOID/動画 - ニコニコ動画

息ピッタリだし歌ウマな二人なので完璧に歌い上げてくれそう。

 

 

有岡大貴八乙女光

インビジブル

【GUMI・鏡音リン】 インビジブル 【オリジナル曲・PV付】 by kemu VOCALOID/動画 - ニコニコ動画

ゴリゴリな超早口ロック曲、ラップ担当の二人で歌って欲しい!絶対かっこいい!

 

裏表ラバーズ

初音ミク オリジナル曲 「裏表ラバーズ」 by wowaka VOCALOID/動画 - ニコニコ動画

こちらも超早口曲。キツイとは思うけど、歌えたら絶対にかっこいいと思うのでぜひ頼みます…ぜひ聴きたいんです……

 

 

山田涼介有岡大貴

少女未遂

【初音ミク 巡音ルカ】 少女未遂 【オリジナル】 by kofunP VOCALOID/動画 - ニコニコ動画

この最高にカッコいい曲を、ぜひガッツリ踊りながらありやまに歌って欲しい、その一心です。

 

中島裕翔岡本圭人

ピエロ

「ピエロ」 - KEI feat.初音ミク by ハヤシケイ / KEI VOCALOID/動画 - ニコニコ動画

どちらに歌ってもらおうかな、とずっと考えてたのですが、絞りきれないのでもう二人に歌ってもらいます。雰囲気がすごく合うなと思ったので。優しく「大丈夫、大丈夫」って歌って欲しい。

 

 

髙木雄也薮宏太中島裕翔

トウキョウト・ロック・シティ

【初音ミク】トウキョウト・ロック・シティ【オリジナル】 by えこ VOCALOID/動画 - ニコニコ動画

フローレスな三人に、ジャジーでロックな最強オシャレの曲をぜひ!はい、絶対に似合います。

 

山田涼介八乙女光髙木雄也

え?あぁ、そう。

【初音ミク】 え?あぁ、そう。 【オリジナル曲】 by papiyon VOCALOID/動画 - ニコニコ動画

最強セクシーでおなじみ、怪盗y-ELLOW-voiceさんにはぜひこちらの一曲を!!!官能的かつパワフルに歌い上げてくれること間違い無しです、聴きたすぎて土下座する勢い。

 

 

 

めちゃくちゃ長くなってしまいましたが以上にします!本当はもっと歌って欲しい曲候補があがってたんですが、絞りに絞ってこれです。許してください。

はぁ、勝手に脳内で歌ってもらいながら妄想するの最高に楽しかった〜!伝わらない人にはとことん伝わらないと思いますが私は大大大満足です!ありがとうございました!!

 

ここだけの話、「Hey!Say!JUMPに歌ってほしい○○」、他にもいくつかありまして。シリーズ化してしまう勢いです。

また勝手に妄想してぶん投げる予定なので、気が向いた時にでもお付き合いください。

 

以上、「Hey!Say!JUMPに歌ってほしいボーカロイド曲」でした。失礼いたしました。

有岡大貴という名の彼氏とディズニーデートに行ったら・前編

 

こんにちは、そしてあけましておめでとうございます。

今年もぼそぼそと更新していくつもりなので、よかったらお付き合いください。

 

 

さて、新年一発目の記事はこちら、

有岡大貴という名の彼氏とディズニーデートに行ったら・前編

です。イェーイドンドンパフパフー!!!

 

f:id:marillexblue:20170113183658j:image

 

実はこれ、以前書いたこちらの記事でポロッと出てきたものなんです。

marillexblue.hatenablog.com

 

ありがたいことに(?)複数の方から「有岡大貴という名の彼氏とディズニーデートに行ったら、読みたいです!」なんて声をいただいたので、もう書くしかないと思い筆をとった次第でございます。

本当に勝手な妄想を垂れ流すだけのくせにタイトルに前編とまで付けて長編作にする気満々ですので、お時間ある方はお付き合いください。

 

それでは夢の国へ行ってらっしゃい!アディオス、アミーゴ〜!!!

 

 

 

5月21日、私の誕生日の前日。
「誕生日とその前日、空けておいてね!泊まりがけで遊びに行こう!」
なんて大貴に誘われて、言われるがままに予定を空けて楽しみに待っているが、行き先はまだ知らない。

待ち合わせは横浜駅。7時に集合なんて普段じゃ絶対に考えられないけど、「絶対遅刻すんなよ!」と念を押されたので、きっと大貴も遅刻しないで来るのだろう。
と思っていたが、時計が7時10分を指してもまだ大貴は来ない。
そろそろ連絡を一本入れようか、と携帯を取り出したところで、遠くからバタバタと走ってくる大貴の姿が見えた。
「いやーごめんごめん!待った!?俺が遅刻しちゃったよ!」
朝弱いはずなのに10分しか遅刻しなかった、なんてどこまでも甘い自分に内心笑いながら、
「大丈夫。今日はあんまり待ってないよ。」と声をかけると、大貴は申し訳なさそうに笑った。


それよりも、いつものリュックを背負い、両手に荷物を抱える姿に違和感を感じた。
「なんか荷物多くない?一泊、だよね…?」
「あーこれ、色々準備してたら多くなっちゃって…。ま、いいのいいの!行こ!」
私からの問いかけをさらっとかわし、足早に向かったのは高速バス乗り場。
乗り場に着くなり「行き先分かっちゃうから」と手で目隠しをされ、そのままバスに乗り込んだ。
一番後ろの座席につき、お菓子いる?なんてまるで遠足に行く小学生のようなやりとりをしていたら、
東京ディズニーリゾート行き、発車いたします。」と運転手のアナウンスが流れた。
「え、ディズニー!?」
行き先をあっさりバラされたことに居ても立っても居られず大貴の方を見ると、あちゃーと顔をくしゃっとさせながら、
「うわ、バレた〜!運転手さんに言わないでって言ってたのに〜!…そう、ディズニー!今日はランドで、明日はシーね!」
と嬉しそうに教えてくれた。
付き合ってから、ずっと一緒に行きたいと言っていたディズニー。やっと行けるんだ、と声に出して喜んでしまった。
「ディズニー行くんだったら色々持ってきたかったのに〜!ポップコーンケースとか…」
とこぼすと、待ってましたと言わんばかりに手荷物を漁り始める。
「そう言うと思ってさ、じゃーん!ちゃんと持ってきてます〜!」
意気揚々とドナルドのケースを取り出す大貴。
「被り物は行ってからお揃いの買うじゃん?あと何が欲しいかな〜」
なんて嬉しそうに話す姿がとても愛おしくて、思わず抱き締めた。
「大貴、ありがとね。なんかもう既に幸せ……」
「ばーかっ!これからだろ?最高の誕生日にするから期待してて?」
そう言うと大貴は私の頭をポンポンと優しく撫でた。

 

朝も早かったしバスの中では寝てしまうかな?と思っていたが、SNOWで自撮りして「これめっちゃかわいくなれる!え?口開けるの?うわ!クッキー食べてる!まって俺まじ可愛い!」「顔交換ヤベー!俺女になったらやばい!」などと盛り上がったり、お互いオススメのお笑い芸人の動画を観て大声で笑いたいのを必死で堪えたりしていたらあっという間に到着。

 

荷物をコインロッカーに詰め込んでいるのを待っていると、「ちょっとこれ持ってて」と小さな紙を差し出される。
はーい、と軽く返事をして受け取り、それをよく見てみると、なんとチケットだった。
「え、ちょっと!これ!」
少しだけ大きな声を出して驚くと、
「なーに、俺が行こうって言ったんだから当たり前じゃん?」
とドヤ顔混じりにニコッと微笑み、「さ、行くぞー!」と私の手をとって軽やかな足取りでゲートに向かった。

園内に入ると、まずはスプラッシュマウンテンのファストパスを取る!と宣言し、小走りを始める。
「走らないでください!」というキャストさんの声を聞くと、素早く早歩きに切り替え。それがなんだかおかしくて、二人で顔を見合わせて笑った。

 

無事ファストパスを取ると、まずはジェットコースターからでしょ!とスペースマウンテンに乗った。
並んでいると目の前で区切られ、まさかの一番前の席でテンションが上がる二人。
「うわ〜ドキドキしてきた!」
ニコニコしながら手を握られ、そのまま暗闇を走り抜ける。
「うわ〜〜!」「ひゃ〜〜〜!」「はえーー!!」
と大声を出し、お互い握った手に力が入った。
あっという間に終わり、「久しぶりに乗るとやっぱ怖いな!」と笑いながら乱れた髪型を直す大貴。

 

外に出てポップコーンを調達して、「次はゴーカート乗ろう!」と再び手を引き歩き出し、グランドサーキット・レースウェイへ。
キャストさんの多種多様な「レッツゴー!」のモノマネをして大笑いしながら待ち、ついに私たちの番。
「俺運転していい?!運転したい!」とキラキラの笑顔で言うので、もちろん運転席は大貴に任せる。
「いや〜、風が気持ちいいな!実はこのサーキット、俺が買い取ったんだ。今日からここは俺らのものさ」
なんてひたすらふざけていたので、隣でこっそり動画を撮って楽しむ。しばらくするとそれに気付き、「え、動画?」と急に恥ずかしがる大貴。
「自撮りにしてよ〜!二人で入ろうよ〜」とねだられたので、途中から自撮りに切り替え。
「ディズニーなうだよ〜」とコメントを言っていると、隣で大貴が「このサーキット、実は俺らが買い取って…」と仕切り直す。
ふざけてカメラ目線するからカーブで何度もガリガリッとなるので、「しっかり運転してよ!」とツッコむと「ふはははっ!」と大きな口を開けて笑った。

 

次はトゥーンタウンに行きたいとリクエストし、様々な場所で写真を撮りながら歩いた。
開けようとするとガラガラと音がなる扉とか、スイッチを押し込むと爆発する建物とか、毎回演技を挟んでくるので大笑いしながら動画を撮る。
「次はこちらのお宅にお邪魔したいと思いま〜す!ごめんくださ〜い……」『ガラガラガラ!!』「うわっ!!なんだこの家は!!!」
と全力でリポートしているところを周りにいた小さい子に見られ、思わず二人で大笑いした。

 

そうこうしてるうちに、ファストパスの時間が来たのでスプラッシュマウンテンへ。
スタンバイ列に並ぶ人達の横をスイスイ進み、あっという間に自分たちの番。
「これ、途中で写真ポイントあるじゃん!何のポーズする?」とワイワイ盛り上がり、「これがねっ、後ろの人に迷惑かからないしねっ」と結局『大ちゃんポーズ』に落ち着く。

「俺、スプラッシュマウンテンの音楽ちょー好き!」と、歌を口ずさみながらノリノリで進み、写真ポイントまであと少し。
「ほら、もうすぐだよ!準備して!」と、坂を登ってる段階から大ちゃんポーズを構える姿に思わず吹き出してしまった。
「なんだよ!え、もうすぐでしょ?もうくるでしょ!?」
「いやそうだけどさ……そんな前から構えなくても…あはは」
「だって直前だと忘れちゃうから……あーー落ちる落ちる落ちる!!!」
「「キャーーー!!!」」
落ちると同時に、大量の水しぶきが降りかかる。
「えっ?!こんなに濡れるモンだっけ!?うわ、ビッショビショ!!」
自分の髪を整えつつ大貴の方を見ると、その通りビッショビショに濡れていて、それ以上に髪の毛がとっ散らかっている。
あまりの面白さに言葉も返さずゲラゲラ笑っていると、大貴もなんだよ〜!と笑いながら犬のように顔をプルプル振った。

降りてから撮れた写真を確認しにいくと、満面の笑顔で大ちゃんポーズをする二人がバッチリ写っていた。
「これめっちゃいい写真!!」とひとしきり笑った後、急にトイレ行こうと言ったのでお互いトイレに向かった。


その後は二人とも特に好きなジャングルクルーズに乗ることに。
「リニューアルしたからか、結構混んでるね」と言いながらも並ぶことを決意。
行きのバスの中で紹介した某お笑い芸人による小栗旬のPPAPがツボだったらしく、ひたすら小栗旬のモノマネを練習しながら待つ大貴。
「ぽいっ、ま〜きのっ」の時の表情がツボすぎて、二人でゲラゲラ笑いながら動画を撮り合った。

自分の番が来ると、真っ先に船長の近くに座る。
「みなさんこんにちは!」という挨拶に誰よりも大きな声で返事したり、船長のボケを積極的に拾いにいく大貴は本当に楽しそうで、間違いなく世界一おもしろいジャングルクルーズになった。


降りるなりお揃いの被り物を買おうとワゴンに向かう。
本当はカップルっぽく男の子と女の子のキャラものを買いたかったが、二人ともドナルド好きで譲らないため、サリーとマイクに落ち着いた。早速かぶりながら歩いて、大貴は「こっちのが俺ららしいかもね!」と嬉しそうに笑った。

 

そろそろお腹が空いてきたので、ハングリーベア・レストランでカレーを食べることに。
大貴はポークカツカレーのラージサイズを頬張りながら、午前中に撮った写真や動画を観てまったり。
「ちょっと午前中から飛ばしすぎたね」なんて笑いながら軽くあくびをする姿を見て、もう少し休んでから行く?と声をかけると、
「いやっ!時間もったいないし!充分休んだからもう行こ!」と元気いっぱい立ち上がり、サラッと私の分の食器も持って手早く片付けた。

 

ファンキャップを被り直し、午後一番目のアトラクションはウエスタンリバー鉄道に決定。
「これ、なーんか好きなんだよね〜!昔から!」
「うん、大貴好きそう」
「えっまじ?!好きそう!?」
「だって今も五歳児みたいなもんだし」
「おい!!なんだそれ!!!」
なんて他愛もない話をしながら、ゆっくりと進んで行く鉄道。
下道を歩く人に「お〜い!!」「元気ですか〜!!」と大声で叫びながら手をぶんぶん振ったと思ったら、今度は隣に座っていた小さな女の子に「こんにちは〜!何歳ですか?…しゃんしゃいなの〜♡かぁわいいね〜♡」と初めて聞くような甘〜い声でデレデレ。
そんな姿をぼーっと見てると、急にこちらを向いて「あれ?もしかして妬いてる?」とニヤニヤしながら一言。
あからさまに嬉しそうなのが少しだけ悔しかったので、「何言ってんの、もう」と突き放してみると、突然「ポップコーンいる?」と話を切り替えられる。
「…いる」
「はい、あーん……美味し?」
「んん」
「ふははっ♡かぁわいいね〜♡」
いつのまにか大貴のペースに乗せられてしまった恐ろしさと恥ずかしさでいたたまれなくなり、降りるまでひたすらポップコーンを貪り食べた。


その後はチュロスを片手にふらふらとファンタジーランドを歩いていたら、大貴がアリスのティーパーティー前でおもむろに立ち止まる。
「なに?乗るの?」
「空いてるじゃん!?」
「いいよ…言っとくけど回すからね?」
「は!俺の方が回すから!」
なんて意味不明な会話をしつつ、二人で全力でコーヒーカップを回しまくる。
初めこそ二人で回していたものの、大貴があまりにも全力で回すので私は途中から手を離してひたすら笑っていた。
景色なんて見えたもんじゃないし、正直向かいに座ってる大貴の顔すら見えない。
最初のうちは煽りまくって「うおらーーー!そんなもんかーー!まだまだいくぞーー!」なんて言ってたのに、終わる直前で「ちょ、まって、うぁ……」と言ったっきり声を発さなくなった大貴。
「いや、まじでやばい、目回った…気持ち悪い……」と降りるなりベンチに腰掛け、「ちょ、一回横になりたい」と五分ほど膝枕をしてあげて復活を待った。

 

「え、逆になんでそんなに平気なの?」
「途中から目瞑ってたからね」
「えーー!なんだよ、俺だけかよ回してたのー!」
なんて会話をしつつ、シンデレラ城の前に出ると、ちょうどパレードが行われていた。
パレードルート沿いに駆け寄ると、大声でキャラクターの名前を呼ぶ。
「おーーい!ミッキー!ミニー!」
「わ、今こっちみたよね!?ね!!?」
とはしゃぎまくる大貴をこっそりと写真におさめた。

 

ナイスタイミングだったね!と興奮も冷めやらぬまま、次は「シンデレラ城に入りたい!」とリクエスト。
ガラスの靴に足をいれるフリをしながら、大貴の持つカメラの方を向くと、
「ああ、貴女でもなかったか…しかし!とても似合っているではないか!僕は決めた!貴女を城に連れて帰ります!」
と、小芝居ばかりで全然写真を撮ってくれないので軽く小突くと、後ろで待っていた大人カップルに小声で「かわいいね」なんて笑われてしまうのだった。


その後も中の展示物を見ていたが、「ごめん、ちょっとトイレ行ってくる!お腹痛くなった!外で待ってて!」と言い残し走って出て行ったので、シンデレラ城の中だってのにムードなんて微塵もない…と少し呆れながら、一人でしばらく堪能した後ゆっくりと外に出た。

 

「いやーごめん!なんかめちゃくちゃお腹痛くてさ…でももう治ったから!あ、ファストパスの時間が!急ご!」
明らかによそよそしい感じを出しながら帰ってきたのを不審に思いながらも、少し離れたトゥモローランドのモンスターズインクのライド&ゴーシークを目指す。
『細かすぎて伝わらないディズニーキャラモノマネ』を順番に披露して大笑いしていると、すぐ順番がやってきた。

「うわー!そこそこ!そこにある!」「あっ上もー!あの奥もー!」とワイワイ盛り上がって、アトラクションも終わりに差し掛かった時、ふとあることを思い出した。
「そういえばこれって最後に写真撮られるじゃん?あれ何回乗ってもどのタイミングかわかんないんだよね〜」
と言いながら、前方にあるであろうカメラを探していると。
「えー?……ここ」
大貴は小さくそう呟きながら、頬に突然キスをしてきた。
「え」
あまりに突然だったので、勢いよく大貴の顔を見ると、
「だってどこで写真撮られるか分からないっていうから…教えただけじゃん!」
なんてあっけらかんと話すから、ちょっとズルくてやっぱりかっこいい大貴に改めて落ちてしまうのだった。

撮れた写真を見ると、アホ面でどこかを見ている私と、バッチリ頬にチューを決める大貴が写っていた。
「なにこれ、もー恥ずかしい!」
「えー、これいいじゃん!待って、写メ撮らせて」
この顔ホント笑える、なんて言いながら何度も写真を確認しつつ、満足げに歩きながら外へ出た。


ワールドバザールでお土産を買い、スウィートハート・カフェにて「みてー、パンかわいい!」などとキャッキャしながら休憩を挟む。
まだまだ元気が有り余ってるらしい大貴は、「お、カリブ空いてるじゃん!行くしかない!」と、もう少し休憩したいなというオーラを出しまくっていた私の手をとって再び歩き出した。

 

情報通りとても空いていたので、並ばずにすぐに乗り込むことができた。
一つ目の小さい落下ポイントで「うわーーー!」と人一倍大きな声で叫んだので、どんだけはしゃいでるんだろうとつい隣を見たら「やべ、思ってたよりちっちゃかった」と恥ずかしがりながら縮こまっているので思わず噴き出して笑った。
その後はすぐ立ち直り、また小芝居を始める大貴。
「やめろー!争いからは何も生まれないんだー!」
「ほら、ごらん。あの宝の山、すべて君のものさ。」
ポンポン出てくる台詞に大笑いしていたら、あっという間にアトラクションが終了。

 

「頑張ればワンスまでにあと一個乗れるな!」と急いで向かったのはイッツ・ア・スモールワールド
ほぼ並ばずスムーズに乗り込み、「俺、この水の匂い好きなんだよな〜」と言いながら、目をキラキラさせて人形たちを眺める横顔につい見とれてしまった。
それに気付いてか気付かないでかはわからないが、黙ったまま私の手を握ってきて、微笑みながら「楽しい?」と聞くので、「すごく楽しいよ」と手を握り返すと、また嬉しそうに笑うのだった。

 

アトラクションが終わると、ワンス・アポン・ア・タイムの時間が迫っていることに気付く。
残念ながら抽選は外れてしまったので、入り口正面の銅像近くで見ようということになり急いで向かった。
開始時間ギリギリに着いたので、辺りは人でいっぱいだったが後ろの方から眺めることに。
「実は観るの初めてなんだよねー!」
と、言う大貴と楽しみだね、なんて話していたらすぐショーが始まった。
「うわ、すげー!綺麗〜!」
「あ〜、美女と野獣めっちゃ好き!」
などとキャッキャしながらも、お互いまっすぐシンデレラ城を見つめている。
すると、またそっと手を繋がれたので、ふと大貴の方に目をやると、そのままキスされた。
周りに気付かれないように静かに、次第に指を絡ませながら。
目を開けると、優しく笑う大貴の顔が目の前に。
そしてまたシンデレラ城に目を向け、そのまま最後までショーを見届けた。

 

「あー、楽しかった〜!」と繋いだままの手を大きく振りながら、ランドを後にした。

コインロッカーから荷物を取り出し、歩いてすぐのホテルに到着。


部屋に荷物を置き、早速ディナーに向かった。
次々と運ばれてくるコース料理に二人で緊張しながら、美味しい〜!と盛り上がる。
食べてるものはすごくお洒落なのに、頬張る姿は相変わらず五歳児そのものだなと思ったら、堪えきれずに笑ってしまった。
そんな姿を見られて、大貴もつられて笑いながら「え?なに?」とワインをあおる。
そして最後にデザートです、と差し出されたプレートには“Happy Birthday”の文字が。
えっ、と驚いて顔を上げると、
「ちょっと早いけど。誕生日おめでとう。」
と微笑む大貴。
嬉しくて泣きそうなるのを堪えながら、ありがとうと返し、ゆっくりデザートを堪能した後部屋に戻った。

 

部屋では今日撮った写真や動画を見返し、改めて笑い合いながら時間を過ごし、
「そろそろシャワー浴びようかな」と大貴が先にシャワーを浴びた。
上裸でシャワールームから出てきた大貴にドキドキしつつ、交代でシャワーを浴びる。


上がって髪を乾かしているうちに時刻は0時をまわり、日付けは5月22日に。
それに気付かずドライヤーをかけていると、扉の向こうから大貴の声が聞こえた気がした。
「今、なんか言った?」
そう言いながらドアを開けると、なぜか部屋は真っ暗。
驚いて立ち尽くしていると、後ろから急に抱きしめられる。
「誕生日おめでとう」
耳元で大貴の優しい声がする。
ありがとうと返し、しばらくそのままになっていたが、
「素敵な誕生日はここからだよ?」
と呟くと、そっと手を離し部屋の電気をつけた。
すると、部屋一面にさっきまでなかった可愛らしい飾り付けが。
「わ、すごい……!これ今やったの!?」
驚きと喜びで軽く飛び跳ねながら大貴を見ると、ドヤ顔をしながら「ベッド見てみ?」と一言。
言われるがままにベッドに目をやると、そこにはたくさんのプレゼントが。
今日乗ったスプラッシュマウンテンの写真と、欲しいな〜と言って結局買わなかった大きなドナルドのぬいぐるみ、名前の入ったガラスの靴。
「え〜!こんなのいつ買ってたの〜!」
と思わず大声をあげると、
「トイレ行ったついでに、ね!」
と、また嬉しそうに、ドヤ顔を披露する大貴。
嬉しくて嬉しくて、何度も順番に眺めていると、
「ちょっと目閉じてて」
と言われたので、言われるがままに目を閉じる。
ふわっと影が重なり、すぐ目の前に大貴がいるのが雰囲気で感じ取れる。
大貴の息がかかるほどの距離で、ドキドキしながら待っていると、首元にほんの少しの重みが。
「目、あけていいよ」
そっと目を開け、そのまま首元に目をやると、そこには小さく輝くネックレスが。
「わ、きれい…」
「色々考えて、結局これにしたんだけど…やっぱり似合うわ。よかった」
微笑みながらそう言うと、そのまま近付いてキスをした。
大貴は私の後頭部に手をやり、今度は誰にも見られてないからと言わんばかりにゆっくりと。
「普段あんまりこういうこと言わないけど、出会えてよかったし、俺を選んでくれて本当に嬉しかった。もっともっと幸せにするから、これからも一緒にいて。誕生日おめでとう。」
そう言うと今度は正面から抱きしめ合った。
堪えきれずに嬉し涙を流す私の頬を両手で包み込んで、
「泣きすぎだよ」
と困ったように笑う大貴。
そう言われるとなぜか更に涙が溢れ出てきてしまい、大貴の胸に顔を埋めると、「ふははっ」と、あの優しい声で笑うのだった。

 

 

 

 

 

いやもう、なんかマジでしんどくなってきた。

ここまで読まれた猛者のみなさんはどうですか?

私は書いてる途中にふと我に返って何度も死にたくなりました。

最後に関してはただの恋愛ケータイ小説すぎて昼間読んだらむせ返りそう。

ある日突然記事が消えてたら、そういうことだと思って察してくださいお願いします。

 

ということで、有岡大貴という名の彼氏とディズニーデートに行ったら・前編は以上になります。

後編に続く………かもしれない。

「伊野尾担」になった人が考える担当論

 

ただの持論なので、軽く読み飛ばしていただけると良いかと思います。

 

 

突然だが、私は今まで伊野尾くんのことを「自担」と呼んだり、自らのことを進んで伊野尾担と名乗ったことがなかった。

それはおそらく周りの誰も気付かないような小さなことで、自己満足そのものである。

 

 

言ってみればそれは「違和感」から来るものだったのかもしれない。

私は今まで様々なアイドルグループを応援してきた。

そこは好きなアイドルのことを「推しメン」、自らのことを「◯◯推し」「◯◯オタク」などと呼ぶ世界で、そのことに対しては何の違和感もない。

しかし、いきなり飛び込んだジャニオタ世界の、好きなアイドルを「担当」と呼ぶ文化には、なぜか違和感を覚えてやまなかった。

 

「自担」と「推しメン」、この二つの言葉はほぼ同義語であると言えるが、ちょっとしたニュアンスの違いで、それが自分の中の気持ち悪さに繋がっていたのでは?と考える。

 

推しとは、私はこのアイドルを推したい!周りに、世間に、いろんな人に見てほしい知ってほしい!という気持ちから来るもので、言わば「アイドル中心」の呼び方だと考えられる。

しかし担当とは、「◯◯を担当している“私”」「“私”が担当しているのはこの人」といったような「自分中心」な呼び方に聞こえて仕方なかった。

それがこの事務所の文化なんだと言われればもっともだが、違う畑で育ち、いい歳こいて初めてこちら側に落ちた人間としては、どうしてもその微妙なニュアンス違いの気持ち悪さが拭えなかった。

そのことから私は、自分について説明する際には「伊野尾くんのファン」「伊野尾くんを推している」と言っていた。

 

 

そんな中、10月に初めてHey!Say!JUMPのコンサートに行った。

キラキラと輝く9人を目の当たりにし、とても幸せな気分になったのは言わずもがな。

そこには思っていたよりも伊野尾くんばかりを目で追って、一喜一憂する自分がいた。

 

かっこいい姿やかわいい仕草を見て喜んだと思ったら、遠くのトロッコに乗り笑顔を振りまく彼を見て、寂しいような、どこか悔しいような思いを抱いてしまった。

それは初めてに近い感情で、ああ、なんて面倒なんだろうと思った。

ここにいるだけで幸せ者なんだと自分でよくわかってるはずなのに、素直に楽しめない自分に嫌気がさしたりもした。

 

そんな思いを抱いたままコンサートが終わり、しばらくはその感情と葛藤した。以前よりも伊野尾くんのことしか考えられなくなっている自分。もはや病気である。同担拒否もリア恋も今なら理解できる気すらしていた。

 

ハマる前から薄々勘付いてはいたが、ジャニーズのアイドルは次元が違う。

それはオタクの手で「推す」ことにより成長していく地下ドルなどの比ではなく、もはや宗教に近い。自担は神様なのである。

顔がカッコいいとか、ギャップがカワイイとか、入信のキッカケは人それぞれ。我々オタクは、ただひたすらに神であるアイドルを崇め奉り、与えられる様々な授け物に有り難やと手を合わせるのだ。

自担とは神様のこと、これがジャニーズのアイドル担当論なのであると私は考えた。

 

 

とは言え、「神であるアイドルを担当している」なんて、人生かけてる感が凄すぎて普通に考えてみればドン引きものである。例え話にしても、宗教て。

しかし、これが重過ぎるなんてこれっぽっちも思わない。なぜなら私はもう、ここまで来てしまったからだ。伊野尾慧という名のアイドルに人生かけたいと思うところまで。

 というわけで、私は自分のことを「伊野尾担」だと自覚したと同時に、徐々に「私は伊野尾担だ」と口にするようになった。これが異常にすんなりと。

うん、今すごく清々しい。ジャニオタとして完成された感、ある。

 

 

まあ、結局なにが言いたいのかというと、

伊野尾くんは神

つまりはそういうことなのである。

 

 

 

伊野尾くんを好きになってもうすぐ一年が経とうとしている。

あの日から、まるで人生が変わったように毎日が楽しくて、未来が輝いて見えた。

大袈裟に聞こえるかもしれないが、私にとってそれくらい大きな出会いだったのは確かだ。

 

二年目も、自担のさらなる飛躍を願うと同時に、伊野尾担でよかったと思える瞬間がたくさん訪れますように。

星野源という男

(以前使っていたブログを閉鎖するため、記事を書き写しました。)

 

1月24日、星野源ライブツアー「YELLOW VOYAGE」に行ってきました。

源さんにとって初のさいたまスーパーアリーナ、地元での公演。
個人的には2016年のライブ始めとなりました。

感想を書きますが多少のネタバレ含むのでご注意ください。

 


どうだったかと聞かれたら、それはもう最高の一言に尽きる。最高なんだよ。星野源

予定より少し遅れ14時頃に会場に到着、この時点で狙っていたパーカーは売り切れ状態。
しかし物販列に並んでから買い終わるまで10分というスムーズさに驚きと感動を隠せなかった。
写真撮影列の方が圧倒的に長かった。ニセ明の人気っぷり。次回があればぜひ並びたい……


会場に入って自分の席につくとまあ近いのなんのって。
安定の200レベルだったけど位置的にはアリーナ最前の並び、11列という言わば神席。

そわそわと待ち続け10分ほど押して開演。


「延々と音楽を聴かされ続ける、ここは地獄だ!」
という天の声アナウンスが入ると一曲目が分かったも同然、ファンの気持ちは「地獄でなぜ悪い」ってわけ。

「どうもー!星野源でーす!」と登場した源さんを観るなりその近さにビビる。肉眼で顔が見えるよ。泣きそうだよ母さん、と思わず横にいた母さんに言った

生バンドが演奏する中で、源さんのマイクを通さないカウントが聞こえた時は感動と込み上げる嬉しさの余り泣きそうだったな

アップテンポの曲でピョンピョン跳ね回って踊り、バラードでギターを弾きしっとりと聴かせ、もう、素敵すぎるわけよ
音楽に乗り一緒に歌うのが最高に楽しかったわけよ

Down Townで踊る源さんが特に可愛かった〜〜

そして大好きなCrazy Crazyはやっぱり生で聴いても最高だった。本当に最高。


そしておそらくこのへんで一流ミュージシャンからのお祝い映像があった。たしか……
どちらも腹抱えて笑ってしまったよ。豪華すぎるよ。ライブ終わってしばらくは頭の中T-BACKしか流れてなかったよ。

 

中盤ではX JAPANForever Loveが流れる中、セグウェイでセカンドステージまで移動し、弾き語りのターンもあったり。
一曲ずつ回転したのは笑ったけど、客を飽きさせない演出に脱帽。
あの大きなアリーナ中が静まり返り、歌の反響やあたたかいギターの音、その弦と指が擦れる音だけが鳴っているのがとても気持ち良かった。思わず目を閉じて聴いてしまったほど
個人的に、よく行くライブやフェスは音楽を「浴びる」という表現をしてきたけど、今回は「音楽に包まれる」という感覚。とても幸せだった
念願のスーダラ節も聴けて満足!


その後、再びセグウェイで前ステージに戻りラストスパート。
桜の森も大好きなわけですが、この曲はギターを弾きながらしっかり歌っていて、そのえっちなおにいさん感にとろけそうだった。もはや溶けた。

「盛り上がってるか~!?」という(風なニュアンスだったと思う)源さんの問い掛けに明らかに元気のない客のイェー。
それに対し「ここは渋谷クアトロか?」という個人的最高に面白いツッコミを入れる源さん
改めて「盛り上がってるか~!?」
「イェーーー!」
「ありがとうアリーナ!」
さらに「せっかくだから、なんか言って返ってくるやつやりたい」「僕がせーの!と言ったら、みなさん好きな果物を叫んでください。アレルギーとかでどうしても果物がダメな人は、うどんと叫んでください。」という謎めいたコールアンドレスポンスを提案
大地くんにも「お前も叫べよ!マイク使わないで!」と要求し、
せーので叫んだものの会場全体がザワザワっとしただけで何言ってるのかわかるわけもなく(笑)
「僕には果物が集まってこう…天に召されるのが見えました」
というなんともゆるいまとめ。


星野源のライブはアンコールがあります!ちなみに今回は二回あります!」
「あと3曲やった後にやりきったぞ、という顔をしてステージを降りるので、その後にシャッシャッ(手を叩く)とお願いします」
と盛大にアンコール予告をし、
星野源のライブはお客さんを(カメラで)抜かないので、みなさん思いっきり踊ってください!わけわかんないダンスをしてください!」
と呼びかけ、SUN→Week End→時よ 。
これがもう最高に楽しくて!
Week Endがやはり良すぎている。気持ち良い。自然に身体が動いて踊れるし、
時よはライブだと100億倍増しくらいで良かった。バイバイ!でみんなが手を振って、最高の締め曲だと。一列になりあの踊りも踊ってくれて満足!


そして予告通りアンコールがあり、ニセ明さんが登場するなりワイヤーを取り付けられ宙を舞うというカオスっぷり
君は薔薇より美しいを熱唱。ぁ変わった~!ってところを一緒に叫ぶのが最高に気持ちいいので本当にオススメ。

「メインステージに戻りたいんだけどバンドメンバーを紹介したい気持ちもある。なのでどちらもやります」
再びワイヤーで吊られ、バンド紹介が進む中微動だにせずメインステージに戻る姿がくそシュールでそれ見ながらゲラゲラ笑ってた

メインステージに戻ると演奏を中止させ大地くんと絡む絡む。
源さん「お前さっき何の果物叫んだの?」
大地くん「……巨峰」
もうかわいいのなんのって……
そこからふたりの茶番が始まり、大地くんが叩くリズムに合わせ
「♪世界中の誰より~きっと~」と歌い出す始末。なんてかわいい世界なんだここは……

ダンサーのお姉さん方にかなりの無茶振りをして、「あ〜っ!これ!これこれ!このポーズ!すごい好き!すんごい好き!いいねえ〜!あ〜いいよぉ〜!」とか言いながら一人でキャッキャしながら楽しむおじさん本当愛おしいという感情しかなかった。

 

そんなこんなでライブも終わりに。

最後の曲はFriend Shipで、これがまたとってもよくて!最後だからっていうのもあるかもしれないけれど、やけに心に沁みてしまった。さらに好きになった。


「金テープがたくさん取れた人は取れなかった人に分けてあげてください。あとスタッフさんに言ったらもらえると思うので声掛けてください。」
となんとも優しい気配り。もらわなかったけど心があったかくなったよ。

帰り際、みんな揃いも揃ってそのテープを首から下げていたので、これが星野源ファンのスタイルなのか?と思ってたらテープに「首に巻いて帰ろう」と書いてあって笑いましたとさ

 


ものすごく雑なレポートな上に時間経ちまくってしまったけど、いつ思い返しても最高だよ!
次のツアーも行けることを願って。

夢のような日のこと

念願だったHey!Say!JUMPのコンサートへ行ってきました。

 

この記事はネタバレを含んでいるのと、私の感情についてを書き殴るだけのメモでありレポではないので、その辺ご注意ください。

 

 

 

振り返ろうとしてみたものの、もうとにかく色々ありすぎてどこから話したらいいのかって話なんですけど。

 

いろいろあって、コンサート一週間前に参戦が決まったのでした。

 

当日は一限から学校で授業を受けていたこともあり、まったく実感が沸かず逆に冷静を保っていた。

会場に向かう途中、いつものように本屋で雑誌の立ち読みして、本当にこれからこの人たちに会えるのか…?なんて半信半疑で、呑気にラーメン食べてたりもした。

 

それから友人と落ち合い、横アリに到着してもなお他人事のようで。

この中にじゃんぷちゃんたちがいるのか〜、同じような空気吸ってるのかな〜、とか考えながら過ごした。

 

チケットを受け取ったのはコンサート当日の開演約30分前。

チケットを受け取り封を開こうとする友人の手が震えていて、それを見てやっとドキドキするレベルで緊張感のない私。

やっとの思いで封を開き、席を確認した瞬間に絶句する友人。

手元のチケットを覗き込むと、そこには「センター」の文字。

 

え、いやもう、は?(何度思い返してもこうなる)

もうね、急にそんなこと言われても、全然理解が出来ないわけ。

友人と同行者さんが歓声を上げて喜ぶ中、一人苦笑いで立ち尽くすド新規ババアこと私はこの時点で思考回路ショート寸前。

 

 

そして流されるように入場を済まし、いざ会場内へ。

恐る恐る向かった席からの光景はとんでもないものだった。

目の前に道がある!あれ、すぐ横にも道がある!ここには丸いステージが!わあすごい!なんかもうよくわかんないけど、この場所が凄いことだけはわかる!あっ今何も考えたくない!てか考えれてない!目の前の状況を並べて言っているだけであって考えれてない!これは思考回路ショートしましたわ!

なんてことをただ前を見つめながら真顔で思っていたし、次第にやばいの波が押し寄せてきて、どうしようもなくなりフォロワーさんに会ったり友人に電話したりして必死に気を紛らわせた。(被害にあった方ごめんなさい)

 

 

 そんなこんなであっという間に開演五分前に。

若干ふらつきながら席に戻ると、周りでは既にJUMPコールが巻き起こっていた。

私も、いつかコンサートに行けた時は精一杯可愛い声で「じゃんぷっ♡パンパン!じゃんぷっ♡パンパン!」したいな、と思っていたのですが、今回ばかりはマジでそれどころじゃない。

お願いだから時間止まってくれとか、何かの間違いで9人全員出てこないとか、もうなんでもいいからちょっと待ってくれって本気で思ってた。心の準備整ってなさすぎ問題。

 

 

私一人がいくら願っても時なんて止まるわけなく、無情にも照明が暗転。歓声が沸き起こる会場。モニターに映し出される映像。

あ、始まるんだな。そう思った瞬間、己の顔から感情が無くなり目が据わったのが自分でもよく分かった。

 そして、オープニング映像が次第によく見えなくなっていく。

おかしい、おかしいぞ。なぜ私は既に泣いているんだ。

そう思えたので頭は冷静だったのかもしれないが、多分感情を管理する何かがぶっ壊れて涙が溢れ出てきた。

ああ、ついに来てしまう。夢にまで見たこの瞬間が。9人並んだHey!Say!JUMPを、この目で拝める時が。

JUMPに会える。ただひたすらそのことが頭に浮かんでいた。

 

 

Invitationが流れ始めたら、それはもう大好きなあのMasqueradeへの流れだとすぐ感じ取り、私は思わず後退りした。

来るぞ、来る、来る……!と、狙い通りにドーーーン!と始まるイントロ!落ちてくる幕!目の前には9人の天使たち!!!それを見てさらに壊れる私の涙腺!!!!!

 

はい、キターーー!!!!!Hey!Say!JUMPキターーーーー!!!!!わあすごい!前が全然見えない!!!でもいる!!!!そこにいる!!!!!すごい!!!えっあれ本物だよね??!!最先端の技術を駆使した幻じゃないよね????いる??そこにいる???いやいるな!!????さすがにいるな??!!!!!目覚ませよ自分!!!!!ウワッ仮面取ったーーー?!嘘……顔面のクオリティすごない………??!!!ちょっともうヤダー!顔面のクオリティーーー!顔面!!!すんごい!!!!!えっモニター画面分割して9人全員の仮面外すとこ映した人天才???天才なの????どこにいる??今すぐお金渡したいんだけどどこにいるの???なんなら特効の中身を全て現金にすり替えて感謝の気持ち表したいんだけど今からならまだ間に合うかな……ウワッ待ってダンスめちゃくちゃかっこいいやんーーー!!!!!!すごない??!なあすごない??!!!!オカン見てる??!!??なあお願い見て!!!!!!!!!お願いだから!!!!!!!

みたいなこと考えてたのは二日目の話で、一日目はもう、何も考えられなかったし何も入ってこなかった。ただ目の据わった無表情の女が涙流しながら立ち尽くしているだけだった。

 

その後も涙は全く止まらず、前半はほぼ記憶が無い状態。

そんな中でもセンステに移動してきた時は何が何でもこの距離感と表情を目に焼き付けるぞ、と必死だった。

ビバナイは歌詞こそ覚えてないものの、あんなことしてたとかは断片的にでも覚えていれたからよかった。

 

その後の涙が収まりだした頃、SIUでは頭を鈍器で殴られたかのような衝撃を受けた。エッチさとかっこよさ。これがBESTなんだと…兄さんたち流石です本当に……

 からの口説きますで完全に語彙力を失った。まず二人がセンステ乗ってせり上がってきた時点で「あ、まって無理」しか言えなかったし、今思えばあの瞬間に語彙力を人質に取られたようなもんだった。

くるくる回りながら可愛く踊りエッチなセリフをはく伊野尾くんを見て「白い…まるい…天使…お尻…かわいい…」といった単語を一人でブツブツ呪文のように喋ってた。(ここで人質に取られた語彙力は無事殺されたのが確認できた)

 

 orderで胸に手を当てて喜びを噛み締め、シュビドゥバ男の子我Iの超絶カワイイのターンで順調に脳を溶かされ、ようやくMCを挟んだと思ったら。

ここでまさかの新曲初披露。もうこんなん無理としか言いようがない。

ファンタスティックタイム、はっきりいってあまり期待していなかったので、見事にぶちのめされた。

空いてない空いてない、まさかそんなにかっこいいと思ってなかったから、そんなデカい容量空いてないよ。いやそんなかっこいいとこっちのキャパが足りないから。はい間に合ってま……あーえっと無理ですね。今超えたな?今完全にキャパ超えたな?終わったと思ったら「緊張した〜!」とかキャッキャしだすし、お前らカワイイとカッコいいの振り方の速度考えろ???そんな勢いで来たら受け止められるわけないだろってあぁ言ってるそばから溢れてきた〜キャパ超えて受け止めきれない感情溢れてきた〜〜どうするこれ〜〜〜

と一人で葛藤し、コンサートが進むにつれ徐々に取り戻し始めていた記憶力と引き換えに、自らのキャパシティを失った私であった。

なので、トロッコが真横を通ったり大好きな曲やったりダンス曲にやられたりなど後半戦の記憶はあるものの、「つらい」「しんどい」「無理」「なにこれ」の四語でしか感想が出てこないし、もうほとんどこの四語でヤバさが伝わると思うので察してほしい。 

 

 

ここまでダラダラ書いておいて結局なにが言いたいかというと、初めてコンサート行くような奴にあんな神席与えてはいけない。

「Hey!Say!JUMPって存在してたんだ〜!すご〜い!歌ってる〜!踊ってる〜!歩いてる〜!息してる〜!マジやば〜い!」とか言うような次元で生きてる人を肉眼で汗とか見えちゃう場所に置くべきではない。

初めてでただでさえ狭すぎるキャパしか持ち合わせてないのに、莫大なカワイイカッコいい萌えなどの情報ぶち込まれたらそりゃパンクもしますわ。完全にキャパ超え太郎ですわ。

 

でも、最高に良い経験させてもらったし、もう一生あんなに良い席入らないかもしれないから、友人には本当に感謝してます。ありがとう……

 

 Hey!Say!JUMPを、伊野尾くんを好きになって約10ヶ月。

やっと会えた、やっとコンサートに行けたという今の感情を忘れたくないと思い、素直に綴らせていただきました。

だけど本当に勢いだけでふざけまくって書いたので、真面目に読んでくれた方はごめんなさい。ありがとうございます。笑

 

Hey!Say!JUMP、本当に最高でした。

素敵な思い出をありがとう。

アルバムDear.備忘録

早いもので2016年も10月に突入し、今週末はいよいよおじゃんぷちゃんのコンサートを控えている私です。

生で聴いたり演出を観たりすると、曲に対する印象がガラッと変わってしまうことがあるので、今のうちにアルバムの感想を綴ります。

ただの備忘録ですので悪しからず。

 

 

1. Invitation

ああ、イメージ通りだな。といった印象のインストゥルメンタル

発売前にWSなどでMasqueradeのMVを観ていたが、そのイメージにバッチリはまり、これこれ!とテンションが上がった。

二曲目のMasqueradeに向けて徐々に盛り上がっていく感じがたまらない。

ここの繋ぎが個人的に最高で、つい何度も繰り返し聴いてしまい、なかなか先に進まない事件が起こるほどだった。

 

2. Masquerade

このアルバムのリード曲であり大本命。

もう本当に「Hey!Say!JUMPすごい」「これが私の求めていたMasqueradeだ」としか言いようがない。

厚みのあるビッグバンドサウンドと、少しドキドキするような歌詞、大人になって色気を増した9人の歌声、そして理想通りのMVが最高の形で重なったな、と。

何度聴いても興奮が冷めない。鳥肌の嵐。スタンディングオベーション、そして鳴り響くブラボーの歓声と拍手喝采。 ※イメージ

私はこの曲を墓場まで持っていくだろう。

 

3. RUN de BOO!

Masqueradeから打って変わり、騒がしくて楽しくてハッピーないつものJUMP節が来たな、というイメージ。

ぐるぐる変化する曲調と上から下まで忙しい音程、音もお洒落で、聴けば聴くほどハマっていった一曲。

二番Bメロの薮様パートがとっても好き!

「ジュリエ〜ット!」や合いの手をコンサートでやるのが楽しみ!

 

4. ドリームマスター

あんまり刺さんないんだよなこの曲…

しかし、さすがは有岡大先生。

「どうせその後食べて飲んで騒ぐでしょ」というフレーズが最高。

語彙力が無いからうまく言い表せないけど、最高にエッチだよ。

雄也の「身体に毒だよ〜♡」も好き。

 

5. B.A.B.Y.

タイトル初見で、なんだこの三代目みたいな曲って思った。

カッコいいと思うし楽しいけど、私がJUMPに求めてるのはこういうのではないかな……

 

6. キミアトラクション

はい、みんな大好きキミアトラクション!

ここに来て流れ変わったな?感、好きです。

改めて聴くととても良いよな〜音も作り込まれてるしやっぱりシングル曲ってすごいな〜〜やっぱりキミがナンバーワンだよ〜

 

7. Special Love

キミアトからの流れで、あ〜アルバム曲だな〜と。(あたりまえ)

しかしこのサビでタイトル繰り返す感じ、わりと好きだったりする。クセになる一曲。

スペッシャッラ〜!

 

8. Dear.

山田涼介が作詞したのか?と思った。

まあそれは違ったけど、ボーナストラックで歌詞を朗読するくらいにはお気に入りみたいで。

だろうな!!!そうだと思った!!!!!

 

9. Eternal

爽やか〜!こういうミディアムバラードっぽい曲合う!

回数を重ねるごとに好きになっていく曲。

「あの頃ふたりで見た青い空を覚えてる?」と歌う有岡大先生にリア恋せざるを得ない。

 

10. SUPERMAN

カッコいいけど、思いっきり刺さるものがあるかと聞かれたら、今の時点ではないかなと。

でもコンサートで演るとしたら、とびっきりカッコつけた演出してくれると思うから期待大!!!ワイはSUPERMANに落ちてみたいんや!!!!!

 

11. order

これが私の中でのぶっちぎり優勝作。

初めて聴いた時、心臓がバクバク言うほど興奮したし、ものすごい速度で落ちた。

全員の歌声がエロくて悩ましいし、歌詞がそれをより一層加速させる。もう何もかもが最高で天才。

中でも伊野尾くんと雄也が天才。永遠に聴いていたい。

コンサートでも期待大すぎる。

 

12. Tasty U

お洒落なんだけど、お洒落なんだけどね?

ハウメニージェラシーてお前……!

いや、お洒落なんだけどね?

…サビがとっても好きです。

 

13. スローモーション

真っ先にセトリ落ちしそうだなって。 (失礼)

エモみのある歌詞がわりと好き。

おてて繋いで揺れながら歌ってほしい。

 

14. 愛のシュビドゥバ

はい、好き〜!タイトルだけで好き〜!

ってなってたんだけど、聴けば聴くほど本当に良くて。

心地良いリズム、可愛らしい歌詞、思わず口ずさんでしまうようなフレーズ。

あ〜、アイドルってこれよ、JUMPってこれよ!と実感した一曲。好きです。

 

15. KISS Diary

私はこういう曲に弱いのかもしれない。四季折々のエモみ……

聴けば聴くほど後引くこの感じ。超スルメ曲。

大サビの光くんソロが大好き。何百回でも聴ける。

 

16. Brand New World

超個人的な意見だけど、アンコール一曲目に歌いそう。

あ〜、ブランニューワールド。って感じ。

有岡大先生の声の伸び方は流石。

 

17. From.

まず、サビの気持ち良さが異常。

そして歌詞がグッとくる。おじゃんぷちゃんに言いたいことすべてがここにある感じ。

「ちょっと疲れた週末も 君がいるだけでほら花が咲くよ」

「そのまぶしい笑顔が 今 僕の日々を彩ってく」

「色とりどりの君が今日も明日も 僕の毎日に愛のシャワーを放つ」

「今日の君には二度と会えないから 一つでもたくさんの君を焼き付けたい」
「僕がもらってばっかりだな 君からの贈り物
ねえ 今日もその声を聞かせて」

「弾けるように君が歌い出せば 体中巡る愛が高鳴りだす」
「"幸せの意味"なんて興味はないけど これを幸せと呼ぶのならわかる気がする」

「君と同じ時代に生まれてきた僕らはツイてる」

「君のくれる毎日が僕の宝物だよ」

うん、全くこの通り。あったかくて美しくて素敵な曲。

あと、山田さんソロの「シャワーを放て!」が最高です。

 

 

18. 今夜貴方を口説きます

もう事件ですよ、こんなの。いのひか頭おかしい。

「モノを口説いてるから」とかそんな言い訳で許されるような歌詞じゃないからな。いいぞもっとやれ。

めちゃくちゃふざけてるのに、音とか超カッコいいし普通にタイプな曲なのが腹立つ(褒めてる)

C&Rが楽しそうなので早くコンサートで聴きたい!

 

19. Mr.Flawless

曲はまあ良いとして、サビの歌詞がもう少しなんとかならなかったのかなと残念な気持ちでいっぱい。

せっかくFlawlessな三人揃ったのにこんなダサい歌詞歌わせんといて……

あとMVくらい購入者全員につけろ。

 

20. 僕とけいと

世界平和の歌。地球上の生物全てに聴かせればきっと戦争も無くなるし皆笑顔になる。

知念ちゃんとけいとりんがただひたすらワーイワーイしてるだけでこんなに心が穏やかになるなんて。

「今日は誰を誘おう?やまちゃん何してる?」「大ちゃんいのちゃんヒカゆうてぃー宏太に雄也」「じゃーんぷみんな遊ぼーよー!」が大好き大天使。

 

21. My Girl

ありやま〜!いやもう最高のありやま!!!

 R&B調がとても新鮮で良い。ジャニーズでは珍しいよね?多分…!

しかも合うんだなこれが。有岡くんのラップも心地良い。

これでバキバキに踊ってる二人が簡単に想像できましたとさ。

それにしても歌詞が激重すぎて超ありやま ※イメージ

 

 

 

だらだらと全曲書きました。

今回初めてジャニーズのアルバムを買ったので、前作と比べてどうとかは分からないけど、Dear.とても良いです。

Masqueradeのために買っても損しないよ。全然お釣りくる。

 

というわけで人生で初めてジャニーズのアルバムを買った女が綴るDear.備忘録、ここまでです。

さあ、もうすぐ人生で初めてのジャニーズのコンサートが待っている。