読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あの子と同じ次元で生きている

それだけで人生って最高

推しが初めて週刊誌にすっぱ抜かれた話

月曜日の深夜、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

 

 

私はなんだかもうしんどいです。

昨日まで「伊野尾くんのスキャンダル欲しいな!ベッドで女抱いて自撮りしてる写真流出しないかな!」なんて呑気なことを言っていた自分を殴りたい。

 

推しアイドルのスキャンダル、想像を絶するキツさでした。

 

普段、伊野尾くんに恋愛感情を抱いているわけでもなく、ただ「アイドルの伊野尾慧くん」を、好きで応援しているだけだった。

しかし突然突きつけられたAV女優とのスキャンダルは、今まで好きだった「アイドルの伊野尾慧くん」を見失ってしまいそうなくらい衝撃的だった。

 

そりゃあ伊野尾くんだって人間だし、男だし、女の一人や二人抱くだろうし、むしろそんな想像をおかずに飯が食えるほどの気持ち悪いタイプのオタクだった私が、一体どうしてここまでのダメージを受けたのか。

 

言ってみれば私は「アイドルの伊野尾慧くん」を見て、勝手に自分の中で彼を完璧に作り上げていたのだ。

これは私だけじゃなく、きっとアイドルが好きな人は、無意識のうちに誰もがやっていることなのでは?と思う。

オタクって多分みんなそう。推しは神様だから。日々のそれは偶像崇拝だから。

 

そんなオタクが一番恐れている、スキャンダルと言う名の現実。

シンガポールの某プールやどこかのクラブでAV女優と会っていた。

そんな、ただの現実が、私たちの作り上げた「伊野尾慧像」をいとも簡単に壊した。

 

本人はこれっぽっちの悪気もないだろう。

こちらだって、女と遊ぶなとか付き合うなとか、そういうことを言いたいわけじゃないし、世間体がとかレギュラー番組がとか、そんな話はもうどうでもいい。

 

貴方がアイドルでいる以上、貴方の夢を見ている人がいるのだから。

気をつけてほしい。アイドルにとって一番大切であろう、ファンのために。それはつまり自分自身のために。

 

私は今日も貴方の夢を見るよ。